積極的に質問すること

積極的に質問すること

合同説明会のようなイベントに
行った場合には積極的に質問をして
自分の疑問点を解決することを
おすすめします。

 

企業側から見ても、積極的な
質問をする人は目に留まりやすいと
いうところがありますよね。

 

何も質問しないでただ座っているだけだと
企業側からはどういう人なのかが
全くわからないので評価のしようが
ありません。

 

もちろん情報収集だけで終わるのなら
それでも問題ありませんし、明らかに
次の面談のステップが示されているのなら
それでもいいかもしれません。

 

ただ、よくわからない状態において
質問したことがきっかけになって
名前を覚えてもらって、選考が
有利に進んだ、そういうことがあるのは
事実です。

 

せっかくですからどのような仕事内容なのか
どんどん突っ込んでみてもいいかも
しれません。
基本的な仕事の返しには営業トーク的な
部分が含まれますが、相手も人間なので
いろいろと話すと本音の部分が見えて
きたりします。

 

即日内定イベント MeetsCompany